« 二千百八十: 草原と音楽 | メイン | 二千百八十二: 包む »

2012年5月31日 (木)

二千百八十一: 高天原

            高天原

 

    脈々と続く
    山の峰の上から
    朝陽が射してくる。
   
    太陽からの
    一つ一つの光の矢が
    清冽な水を含んでいるかのよう。
   
    朝陽を受けた大気は
    冷ややかな音楽を
    宿すかのよう。
   
    朝陽を受けた森の緑は
    人を酔わす香りを
    宿すかのよう。

    永遠の静かさの中で
    満ち溢れ
    きらめきわたる光。
   
   
   
                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム