« 二千百七十五: 誕生 | メイン | 二千百七十七: 野原 »

2012年5月29日 (火)

二千百七十六: お金の話題_No.16

こんにちわ。

最近、経済的な事を書いていなかったので、書くことにします

まず、InDeepさんからの引用です。
http://oka-jp.seesaa.net/article/272016433.html
-----------------------------------------
Fed data expose $100 billion JP Morgan position
Reuter(米国) 2012.05.23

●米連邦準備理事会がJPモルガンの 1,000億ドル(8兆円)のポジションのデータを公開した

米連邦準備理事会(FRB)のウェブサイトに公開された公式のデータから JPモルガンの取引についての詳細が明らかとなったが、その巨額な取引の実態に驚きの声もあがっている。

米国の銀行の四半期ごとにFRBに報告するデータによると、JPモルガンのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の第1四半期末時点でのポジションは、840億ドル(6兆7千億円)のネットロングだった。

これは2011年末時点の100億ドル(8,000億円)の8倍強にのぼる。

そのうちで、期間が1年かそれ以下の短期CDSは540億ドル(4兆3千億円)のネットショート。5年以上のCDSは1020億ドル(8兆1千億円)のロング。2011年9月末はそれぞれ36億ドル(2,800億円)、240億ドル(1兆9千億円)だった。いずれも、短い期間にポジションが急騰している。

 
これは、JPモルガンの規模の大きさを考慮しても、ポジションの変動が大き過ぎると指摘する専門家が多い。そして、このポジションの大きさから、これらを解消するには相当の時間がかかると指摘する。

 
これに先立ち、JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)は、デリバティブ取引で20億ドル(1,600億円)の評価損が発生したことを明らかにしており、同時に、投資戦略の調査を開始することを表明した。

-----------------------------------------
(引用終わり)

最近の経済界のニュースでは、色々と大きな数字が出て来るものだと感じてしまいます。
上の8兆円という数字も凄い数字だと思います。

また、参考ニュースも下に書いておきます。

●参考HP:JPモルガン巨額損失問題、CDS取引の実態明らかに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000068-reut-bus_all

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム