« 二千九十九: 瞑想 | メイン | 二千九十八: 谷の町 »

2012年5月 7日 (月)

二千七十二: UFOについて_No.2

こんばんわ。

二千七十一:UFOについて』の2段目です。
最近は、よくテレビやインターネットでもUFOの画像を見る機会があるものです。

実に、素晴らしい動きをしているのに気が付きます。
何台かのUFOが空中で、円を描いていたり、時には、アクロバット飛行、曲芸飛行ですね、アクロバット飛行を見せてくれて、意外に人々はその動きの素晴らしさに感嘆するのではないでしょうか。

地球人の、あの戦闘機を使ったアクロバット飛行よりも、UFOのアクロバット飛行の方がはるかに人気を得ると思います。
しかも、騒音も出しませんし、見たところ、UFOの墜落事故もほとんど聞いたことがありません。

アクロバット飛行で、地球の人々を楽しませてくれるという観点からしても、実に、そのUFOの中にいると推定されている宇宙人は友好的だと思われます。
宇宙人は、地球人に美しくて楽しいアクロバット飛行を見せてくれている、と考えられないでしょうか。
-------------------------------------
しかし、次の問題点は、UFO中にいると推定される宇宙人の容姿でしょう。

米国の映画監督スティーブン・スピルバーグの映画『未知との遭遇』や『E.T.』は大ヒットしました。
その宇宙人達は容姿は違っているものの、地球人類に友好的でした。
また、『未知との遭遇』では、巨大なシャンデリア型のUFOがある山に降りてきたのを記憶しています。
そのUFOが降りてくるシーンも大分美しかったと記憶しています。

あのように、容姿は違えども、友好的な宇宙人が描かれている映画が少なったのが残念に思います。
-------------------------------------
また、宇宙人との友好的な接触を描いた映画ではないのですが、ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』シリーズがあります。
確かに、星系間の戦争を描いた作品ですが、その映画の内部を見てみましょう。

色々な宇宙人が出てきます。
ハン・ソロ船長の右腕役の「チュー・バッカ」とかは、ちょっと猿人のような姿をしていますが、ハン・ソロ船長の有能な部下だったでしょう。
それとか、ジェダイの長老のヨーダもいました。

「スター・ウォーズ」の新シリーズのファントム・メナスとかでも、実に様々なタイプの宇宙人が出てくるのに気が付きます。
-------------------------------------
また、米国のテレビ作品の「スター・トレック」にも、様々な容姿の宇宙人が出てきました。
有名な「スポック」とかも、耳がだいぶん、上に長かったですね。

確かに、「ストーリーのために、戦闘シーンがある」というのは、惜しむべき点ですが、UFOが地上に降りて来て、その内部から宇宙人が出て来る時は、上記の映画の中に現れた宇宙人の容姿を思い出した方が良いと思うのです。

上記の映画の中でも、様々な人達(宇宙人)は、何の違和感も無く、語り合い、生活をしていました。
ですから、あのような映画を一つの予習として、見ておくことも、私達地球人の良い予習となるかと思います。
-------------------------------------
ですが、宇宙人が地球を侵略してくるというパターンの映画はやめた方が良いと私は思います。

「宇宙人が地球を侵略してくる」というのが、あらすじですから、もう、その宇宙人たちの容姿が不気味なスタイルをしているのですね。
「宇宙人が攻撃的である」という印象を観客に与えるために、わざと、不気味なスタイルを宇宙人に与えていると私は思います。

逆に考えたら、これは、宇宙人に対して、失礼な映画を地球人側が作成したのではないのか、と思えるぐらいです。
(やはり、これらの背景には、今まで地球の上で多くの戦争があり、『異民族が我々を攻めてくるのだ』という恐怖感が、地球人の心の歴史の中に多く刻まれているからではないかと、私は思うのです。しかし、考えようによっては、つい先日、「衛星を発射した」と主張している隣国の地球人の方が、もっと怖いのではないのか、という気が私にはするのですが)
-------------------------------------
ですから、地球人の私達は、『未知との遭遇』や『E.T.』、少なくとも、容姿の違う人々と気楽に付き合っているシーンの描かれている『スター・ウォーズ』や『スター・トレック』を楽しく、予習として見るべきではないかと、私は思います。

また、テレビでも、時々、宇宙人ものの番組をやっている時があります。
あれも、まだ、ちょっとセンセーショナル的な音楽をバック・グラウンド・ミュージックとしてかけています。
あのセンセーショナル的な音楽も変更して、『未知との遭遇』や『E.T.』のような美しい音楽をバック・グラウンド・ミュージックにかけた方が良いと思うのです。
そちらの方が視聴率が上がるのではないでしょうか?

最近、テレビの視聴率が下がっていると聞きますので、この際、逆の感じの美しい音楽をかけた方が、UFO番組の視聴率が上がるのではないかと、私は考えます。

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム