« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

二千百八十一: 高天原

            高天原

 

    脈々と続く
    山の峰の上から
    朝陽が射してくる。
   
    太陽からの
    一つ一つの光の矢が
    清冽な水を含んでいるかのよう。
   
    朝陽を受けた大気は
    冷ややかな音楽を
    宿すかのよう。
   
    朝陽を受けた森の緑は
    人を酔わす香りを
    宿すかのよう。

    永遠の静かさの中で
    満ち溢れ
    きらめきわたる光。
   
   
   
                坂本  誠

2012年5月30日 (水)

二千百八十: 草原と音楽

            草原と音楽      

 

    草原の上に
    風が  なびいている。
   

    僕は  清らかな思いで、
    僕の身体を透明にしてゆく。
   
    水を清めに清め、
    清冽にするかのように。
   
    僕の心を  清めれば清める程、
    僕の身体が透けてゆく。
   
    やっと
    天使達と妖精達が見え始める。
   
   
    清らかな思いは
    妙なる調べのよう。
   
    また、その思い、それこそが
    草原の上に吹き渡る  静かな風のよう。

    風が音楽か。
    音楽が風か。
   
    僕の音楽と  自然の風が  たわむれるように混ざり合い、
    遠く遠く  吹き流れゆく。
   
    その流れの  なびく草原の上に
    僕は  そっと  たたずむ。

   
   

                坂本  誠

2012年5月29日 (火)

二千百七十七: 野原

        野原
       
       
       
    野原は
    ゆりかごのようだ。
   
    野原の上に寝てみると
    野原の緑が
    僕を包む
    毛布になる。
   
    色とりどりの  花々が
    毛布の  模様になる。
   
    鳥のさえずりが
    オルゴールになる。
   
    穏やかな  陽射しは
    母の手のようだ。

 

                坂本  誠Img7d932ef15459

二千百七十六: お金の話題_No.16

こんにちわ。

最近、経済的な事を書いていなかったので、書くことにします

まず、InDeepさんからの引用です。
http://oka-jp.seesaa.net/article/272016433.html
-----------------------------------------
Fed data expose $100 billion JP Morgan position
Reuter(米国) 2012.05.23

●米連邦準備理事会がJPモルガンの 1,000億ドル(8兆円)のポジションのデータを公開した

米連邦準備理事会(FRB)のウェブサイトに公開された公式のデータから JPモルガンの取引についての詳細が明らかとなったが、その巨額な取引の実態に驚きの声もあがっている。

米国の銀行の四半期ごとにFRBに報告するデータによると、JPモルガンのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の第1四半期末時点でのポジションは、840億ドル(6兆7千億円)のネットロングだった。

これは2011年末時点の100億ドル(8,000億円)の8倍強にのぼる。

そのうちで、期間が1年かそれ以下の短期CDSは540億ドル(4兆3千億円)のネットショート。5年以上のCDSは1020億ドル(8兆1千億円)のロング。2011年9月末はそれぞれ36億ドル(2,800億円)、240億ドル(1兆9千億円)だった。いずれも、短い期間にポジションが急騰している。

 
これは、JPモルガンの規模の大きさを考慮しても、ポジションの変動が大き過ぎると指摘する専門家が多い。そして、このポジションの大きさから、これらを解消するには相当の時間がかかると指摘する。

 
これに先立ち、JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)は、デリバティブ取引で20億ドル(1,600億円)の評価損が発生したことを明らかにしており、同時に、投資戦略の調査を開始することを表明した。

-----------------------------------------
(引用終わり)

最近の経済界のニュースでは、色々と大きな数字が出て来るものだと感じてしまいます。
上の8兆円という数字も凄い数字だと思います。

また、参考ニュースも下に書いておきます。

●参考HP:JPモルガン巨額損失問題、CDS取引の実態明らかに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000068-reut-bus_all

                坂本  誠

2012年5月28日 (月)

二千百七十五: 誕生

        誕生
       
       
       
    暗く  深い森の中
    仏陀が生まれようとしている。
   
    森の木々に囲まれた
    小さな広場の中で
    空中に
    白い光が  散乱し始め、
    その光の中に
    胎児が
    静かに
    自らの形を成そうとしている。
    母体も借りず。
   
    森の動物達は
    うっとりと
    その光景に
    見とれているだけ。
   
   
   
                坂本  誠

2012年5月27日 (日)

二千百七十四: 飛翔

            飛翔
       
       
       
    大空の中を
    静かに
    高く高く飛び回る。
   
    僕の翼は  薄い雲のよう。
   
    僕は  小さな光の一点のよう。
    雲の間を
    高速で  ゆったりと  飛び回る。
   
    僕は
    重さの無い
    水晶宮のような
    小さな音楽を
    胸に抱いている。
   
    その軽やかな音楽を
    そっと  抱きしめたまま
    音の無い飛行を
    ずっと続ける。
   
    青空の中を。
   
                               

                坂本  誠Img7d9392d02693

二千百七十三: 我慢

            我慢
            
            
            
    我慢も
    学びだ。
                           
                           

                坂本  誠

2012年5月26日 (土)

二千百七十二: 光の柱

                       
                        光の柱      
       
       
    暗闇の中に
    一つの
    光の柱が立っている。
   
    その柱は
    天頂に向かって
    無限に高く  伸びている。
    同時に
    暗闇の底に向かって
    無限に伸びている。
   
    光の柱の周りを
    音楽が
    らせん状に回転して
    上に伸びてゆく。
   
    その音楽に
    様々な色を  ともなった
    光の粉が舞っている。
   
    その光の柱の中に飛び込むと
    暗闇の中に
    さらに
    無数の光の柱が立っているのが見える。
   
    そして
    光の柱を取り巻く  音楽の音色と光の粉は
    どれも違っている。
   
    無数の光の柱が並んでいる。
   
    一本一本の光の柱は
    どれ一つとして  同じではなく、
    また、どれ一つとして
    欠けてはならぬ存在なのだ。
   
   
                        
                坂本  誠

2012年5月15日 (火)

二千百六十五: 入り江

                        入り江

 

    深い深い森に囲まれて
    大地の奥にくびれこんだ入り江があった。

    人の気配のない  この入り江のために
    大空は歌を歌った。
    その歌は渦巻きのように集まり、回転しながら、
    水の上に落ちた。

    水の上の歌声。
    水の上で歌が広がる。漂う。

    やがて歌は水の中に溶け込んで
    水の底にしみこんでいった。
    そして、底にいる魚たちを
    やさしくなでていった。

 

                坂本  誠Img7d932ef156f9

二千百六十三: 海王星の花

                        
            海王星の花
                        
                        
    真っ暗な空の下
    氷の海が広がっている。
    しかし、その氷は  なぜか液体だ。

    その海の上で
    誰も見ていないのに
    一組の女と男が  スケーターのように
    踊り続けている。

    女は天頂を目指して  上に滑り続ける。
    男は女の周りを  回転し続ける。

    めしべは上に登り続け
    おしべは水平に広がり  回り続ける。

    人のいない場所でも花は咲く。
    海王星の花を見た。

 

                坂本  誠Img7d9267dd1637

Powered by Six Apart
フォトアルバム