« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

二千四十二: 心の中の光

                        
        心の中の光
       
       
    心の中に
    一つの光が  浮かんでいる。
   
    まるで
    はるか  頭上高くにあるようだ。
   
    また
    それは
    暗闇に浮かぶ  太陽のよう。
   
    幾つもの音楽が流れている。
   
    その音楽が
    幾つもの  香りのように
    その太陽を
    幾重(いくえ)にも  取り巻いている。
   
    薄く  たなびく雲のように。
   
    その太陽のような光が
    いつも
    心の中で  輝いている。

                        
                        
                坂本  誠

二千四十六: 祈り

20110628160605 

            『祈り』
            (坂本  誠  作)
            
            
            
           
           
      

二千四十七: 引用_264

                        
    みな違いを認め合い、
    そして、皆がそれぞれ役割を
    果たし合うことにより、
    この大宇宙を彩る素晴らしい
    ハーモニーというものを
    奏で合っていく。
    それには、奏で合うには、
    神の子としての自覚、
    愛の旋律のハーモニーでしか
    ないということです。

        (2006.2.18 バシャールの霊言)

            『宇宙連合からの呼びかけ』  より
            レムリア・ルネッサンス   
            まんだらけ出版               

                        
                        
                坂本  誠

二千四十四: 風と距離

                        
            風と距離            
            

    誰もいない  沈黙の空間で
    向き合い続ける  沈黙の男女。
    凍りついて  止まった時。

    交わしている意志は
    深まる愛か
    離れ行く別れか。

    男女の間を駆け抜ける  青い風と
    無言の距離だけが
    それを知っている。Img7da7aac5a55
                        
                        
                        
                坂本  誠

二千四十三: 泣く

                        
            泣く               
            
            
    生まれたての赤子が
    母のそばで  泣いている。
   
    生んだ母も我が子を見て
    泣いている。

 

                坂本  誠

二千四十五: やましさ

            やましさ       
            
            
    一抹のやましさが無ければ
    人は本気を出さないかも知れない。

    やましさとは  小さな罪悪感だから。
    小さな罪悪感とは
    他の人に対する
    小さな愛だから。

 

                坂本  誠

2012年4月29日 (日)

二千四十: 引用_263

    あなた方が
    光り輝いていったのならば、
    多くの神の子たちが
    集まって来ることでしょう。
    そして、その者たちに
    点火されたたいまつは、
    また別の者たちに
    点火されていくことでしょう。

        (2005.11.12 聖母マリアの霊言)
       
            『ファティマの真実』  より
            レムリア・ルネッサンス   
            まんだらけ出版               
       
       
                坂本  誠

二千二十八: 大気の音楽

        大気の音楽
       
       
    山に来ると
    吹き抜けてゆく  風が
    音楽になる。
   
    メロディーは無いけれど、
    耳をくすぐる  風のやさしさの中に
    大気の音楽が流れている。
   
    私達は
    大気の音楽を
    身体で受け止めている。

    その音楽が  身体を通り抜け
    身体と  心の芯をも
    清めてゆく。20101005144031
   

                坂本  誠

二千三十七: 降臨

                降臨        

  

    アマテラスの降り立つ
    緑の山の峰が、
    大気を押し上げる時の
    鳥の翼のよう。

    下り来る  アマテラスの衣が
    大気を押し下げる時の
    翼のよう。

    山の頂で  四つの斜線が  放たれる。
    その中心で  彼女が微笑む。
    微笑みが虹のように感じる。

    静かな朝の中で。

    鳥は飛び続けている。20100808132748

 

                坂本  誠

二千三十八: 銀の月

                銀の月         
                   
                   
    冬の夜に
    銀の月が  かかっている。
    月が銀の笛を吹いている。

    黒い雲間から
    糸のように  その音が流れてくる。
    まるで  下り降りてくる河のよう。

    その音が  雪風にゆられて
    鈴のようにふるえている。

    冬の夜の冷たさと  銀の音色の光が響き合っている。

 

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム