« 千六百三十七: 引用_104 | メイン | 千六百三十九: 引用_105 »

2012年2月24日 (金)

千六百三十八: 金という駒について

こんにちわ。

将棋の金(きん)という駒について考える機会がありました。
金は攻めにも守りにも強い駒として知られています。

他の駒も
   
    「その駒であらねばならない。その駒に取って変わる機能がない」
   
という働きを持っているのも棋士の人々はよく知っているかと思います。

しかし、今日は、特に金について考えてみたいと思います。
歩(ふ)は、一歩前に進むだけだったり、桂馬は二歩手前の斜めに進めることが知られています。
しかし、この金は自分の周囲の六方向に一歩進むことが許されています。
玉は自分の周囲の八方向のいずれか一歩に進むことが出来ますが、金の場合は、自分の駒から見たら、斜め左下の二方向に進むことだけが許されていません。
金の駒の特徴は、「自分の真下に一歩進むことが出来る」という特徴です。
銀の場合は、金とは違って、自分の斜め左下の二方向に一歩進むことが出来ます。
しかし、真下に進むことが出来ません。
将棋の駒で、「自分の真下に進むことが出来る」という機能を持つのは、この金と飛車と玉の三つのみです。

角とかも下に進むことが出来ますが、銀のように、ずっと斜め下に進むことが許されています。
ですから、意外に将棋の中で、自分の背後を守ることの出来る駒は、金と飛車と玉の三つになるのです。
このうち、玉は捨て駒になることは出来ないので、本当の意味で捨て駒や攻め駒になることが出来るのは、金と飛車の二つのみになります。
それだけ、自分の真下、つまり、背後を直接、守る駒は少ないのです。

角という駒は敵陣に入って、成り駒として、馬(うま)という駒になることが出来ます。
正しい名称は龍馬(りょうま)ですね。
この馬は真下に引けるようになりますから、『馬は引く手に好守あり』という将棋上の格言があります。
しかし、『金底の歩、岩よりも固し』という格言があったことは覚えています。
まだ他にもあったかと思うのですが今、頭に思い浮かびません。

それほど、自分の真下や背後を直接、守る駒は意外に将棋の上で少ないのです。
ですから、この場合、金という駒を上手く使える人は、まるで、自分の背後を上手く考えることが出来るような気がします。
---------------------------------
銀の場合は、自分の斜め左下に進めたりしますが、真下には引けません。
また、自分の真横にも移動することが出来ません。
ですから、将棋の最中に意外に、相手に取られてしまうことも多いです。
---------------------------------
角も大駒として知られていますが、真上や真下や真横に進むことが出来ないので、これも意外に将棋の最中に敵に取られてしまうことが飛車に比べて多いと思います。
---------------------------------
人間は自分の前を常に見ています。
しかし、自分の背後を見ることは苦手です。
ですから、人が日常生活の中で、自分の背後を見る時は、鏡を使います。
また、車でも後方を見るために、サイドミラーとかルームミラーを使っています。

そして、特に、人間は自分の延髄(えんずい)部分を見るためには、鏡を二枚使わないと自分の延髄を見ることが出来ません。

ですから、人は自分のバックを考えたり、守ったりすることが意外に難しいとわかります。
---------------------------------
しかし、この金の駒は、直接、自分のバックを守る駒として知られています。
それだけ、重宝がられる駒です。

また、大駒である飛車と角を除けば、全ての駒は敵陣に入って、成駒となると、成金(なりぎん)と言って、全て、金になります。
それだけ、金という駒は攻めにも強力なのですね。
---------------------------------
また、上にも書いた、『金底の歩、岩よりも固し』という諺にもあるように、自分の背後を守ることが出来ますから、自陣の中では、よく守りの駒として使用されています。
---------------------------------
自分の背後を守る。
これはどんな人でも、実生活において大事なことかと思います。
それが、この金という駒に現されていると思います。

また、この金という駒は、「自分の背後(バック・グラウンド)も大事だよ」と、教えてくれていると思うのです。
---------------------------------
ですから、将棋の棋士の人達も、将棋の駒を見て、人の人生の在り方をよく考えることがあるのではないかと、私は推測します。
だから、将棋の世界では、よく駒について格言が生まれていると思うのです。
『角の頭は丸い』とか、『桂馬の高跳び、歩のえじき』とか、『玉の早逃げ、八手の徳』とか、色々とあります。

その将棋の格言も、意外に、人の人生に応用できることに気が付くのです。
今の自分の状態は金なのか、角なのか、桂馬なのか、玉なのか、と色々と状況判断して、それらの格言を思い出し、人生行路を渡っていくことができるかもしれません。
将棋の格言も人生の格言として使える機会が多々あるかと思います。
将棋は面白いですね。Img7d92617ee53f

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム