« 千六百七: 引用_86 | メイン | 千六百十一: 引用_88 »

2012年2月18日 (土)

千六百八: 甘いものと辛いもの

「坂本誠さんって、ちょっとストイックじゃないのかな?」
と、思われる方もおられるかもしれません。

確かに、私は、甘いものも結構控えていますし、辛いものもあまり食べようとしていません。
甘いものばかりを食べていると虫歯になったり、太ったり、辛いものばかりを食べていると、これもあまり良くないからですね。

結構、淡白な私でありますが、そんな私でありますから、時々、甘いものを食べると、甘いものの良さがわかります。
昔から、塩は食生活に欠かせなかったそうですが、砂糖の方は近代になって普及しました。

その普及した頃は、砂糖は薬として使用されていました。
それほど、砂糖というのは貴重だったし、また、栄養価も高いのですね。

で、疲れた時や苦しい時やイライラしている時に、砂糖で作られたお菓子は身体と心に良いようです。
砂糖菓子を食べると、なんとなく精神が落ち着くのですね。
その甘さから、身体が落ち着いて、そこから心が落ち着くのでしょうか。
ですから、今でも、ちょっとした、自分の心をなだめる薬として、砂糖菓子も使えるようです。
でも、当然、食べ過ぎは良くないし、返って、砂糖菓子ばかりを食べ過ぎていると、その砂糖菓子に慣れてしまい、砂糖菓子の良さがわかりづらくなるかと思います。

塩の方が食生活に多く使われていると思うのですが、塩の取り過ぎも、あまり身体に良くないでしょう。
しかし、かえって「生活がたるんでいる」と思われる時に、塩分中心のお菓子を取って、気を引き締めるという手もあるかと思います。
でも、これも取り過ぎは良くないでしょうけどね。

バランスを取ることが難しいと思います。

でも、甘いお菓子で気をなだめる、というのも面白いことかと思います。20110426155640

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム