« 千四百二十一: 喜び | メイン | 千四百三十: 握手とハグについて »

2012年1月 7日 (土)

千四百二十九: オルゴール(独白)

オルゴールの音楽は人をどこか幼少の頃にいざなってくれる。
大の大人でも自分一人で静かにオルゴールの音色に耳を澄ましていると、やすからな気持ちを取り戻せる。

多くの赤ちゃんはベビー・ベッドで子守唄として、オルゴールを聞かされている光景を見たことがある。
だから、大人になって、ふと、オルゴールの奏でる音色を耳にすると、心洗われて、赤ちゃんの時のような純白な心を取り戻せるのかもしれない。
だから、世の中に様々に色々な出来事があるけれど、おりに触れて人はオルゴールのやさしい音色を心の奥底まで、ひたすら染み込ませた方が良いかと思ってしまう。
               
               
               
                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム