« 千二百四十一: 夜明け前(独白) | メイン | 千二百四十四: 核実験について »

2011年9月 1日 (木)

千二百四十三: 歩

            歩
            
            
    将棋の歩は
    一歩ずつ
    静かに
    前に進むだけ。
   
    敵陣に入れば
    裏に返って
    金となり
    強力な駒となる。
   
    弱さと強さが
    腹と背に
    縫い込まれた
    不思議な駒。
   
    弱くもあり
    強くもある
    その不思議さ。
    私達に似ている。

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム