« 千二百八十二: 白い光 | メイン | 千二百八十四: 茄子(なす)の色 »

2011年9月29日 (木)

千二百五十三: パン屋さん

おはようございます。

私が時々、行くパン屋さんについて書かせてください。
そのパン屋さんの作るパンは、とてもあっさりした味をしているのです。
にも、関わらずとても美味しいです。

世の中、色々なパン屋さんがあり、色々な味を作るパン屋さんがありますが、昨今の健康ブームの考えもあって、あっさりした味のパンが推薦できるのではないかと思いました。
パンも植物から出来ているので、一種の野菜と言えるでしょう。
米も野菜と言えます。
菜食に近い感じですかね。

また、パンを見ていると、ふっくらとしています。
大福餅もふっくらとしていますが、あのようなふっくらとしているものを見ていると、心がなごんできます。
ふっくらしているものを見続けると、何か良い事が起きるかもしれませんね。
占いで言う「吉」と呼ばれるものでしょうか。
日本で「大吉」と呼ばれるものを祝う際には、大福餅が飾られている時がありますからね。
               
               
                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム