« 千百五十八: まつり | メイン | 千百五十三: 子守唄 »

2011年7月18日 (月)

千百五十一: スポーツについて

つらいことがあった時に、余計にスポーツをしてしまいたくなる人も多いかと思います。
なぜだか、わかりませんが、自分にとって、つらいことのものに打ち負かされたくないからだと思います。
自分の抵抗物に押し流されないために、スポーツをするのでしょう。
負けん気というところでしょうか。

スポーツをしたからと言って、自分のつらいことのものに何か変化があるかどうかわかりません。
しかし、少なくとも、心身を鍛えたことによって、自分の課題やつらいことに取り組む心構えが違ってくるのに私達は気が付きます。
何か不思議なものを感じてしまいます。
-------------------------------------
ここまで書いていると、昨夜、女子ワールド・サッカーで優勝した「なでしこジャパン」さんのことを思い出しました。
そう言えば、私も中学生の時、よく昼休みの時にサッカーをしました。
元気良く走ると何もかも忘れていました。

サッカー女子の「なでしこジャパン」さん、世界一の座に着きまして、おめでとうございます!
日本全体を励ましてくれて、ありがとう!
ドイツから日本に向かって、希望の光のボールをKICK・OFF!

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム