« 八百八十五: 愛行について_No.2 | メイン | 八百八十七: 悲しみについて »

2011年3月31日 (木)

八百八十六: 音楽について

こんばんわ。

私は音楽が好きです。
最近は勇壮な音楽を聞いています。
テクノポップとかも好きですが、一昔前に流行ったアルファ波ミュージックというものをよく聞きます。
美しい音楽で半ば眠くなるぐらいなのですが、脳からアルファ波が出るそうです。
安らぎや感動を覚える時に、人は脳から、このアルファ波を出すそうです。
そのアルファ波を意図的に出す音楽なのですね。
その音楽を使って、「脳の持つちからを出そう」という試みで作られたCDが昔、流行っていましたので、それらを持っています。
本当に、現実に脳の持つちからが出ているのかどうかはわかりませんが、美しい音楽が多いので、大いに心が休まります。
この「心が休まる」という点では確実に成果が出ていると思います。
(今では、シータ波と呼ばれる波長を出す音楽も作られているようです。)

そうかと思えば、私は昔のクラシック音楽も好きです。
モーツァルトとかバッハとかも好きです。
元気を出したい時に、この手の音楽は良いかと思います。

また、日本の歌謡曲も聞きます。
また、変わったところでは、盲目の音楽家、宮城道雄の『春の海』なども好きです。
お正月によくかかっている音楽です。

つまり、私は音楽については特定のジャンルにこだわってはいません。
ただ、心で感じるままに、「これが良い」と思えば、それを好きになるだけです。
そして、多くの音楽の違いそのものを味わい、また愛することが出来ます。

そして、悲しい音楽や楽しい音楽や明るい音楽などで、自分の心を変えることが出来るので、「音楽の持つちからって素晴らしいなあ」と思います。

          
            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム