« 八百六: 海王星の花 | メイン | 八百十: 蛍 »

2011年2月16日 (水)

八百九: 愛について

こんばんわ。

愛について考える機会がありました。

男女の愛とか、兄弟愛とか、人類愛とか、最近はスーパー・ラブとかとも言われているような愛があるようです。
それらの愛の特長は、いずれも「引き寄せあう」という特長があるようです。
身近な男女の愛を挙げたら、わかりやすいかと思います。
男女の愛は引き寄せあい、そして出会ったら、お互いが幸福感を感じる、と。

だから、男女の愛よりも大きい兄弟愛とか、人類愛とか、スーパー・ラブと呼ばれているものも、同じ特長を持っているようです。
いずれの愛にしても、引き寄せあった後、お互い同士で、幸福感を感じる、と。
単に引き寄せあうだけではダメで、出会った後に、幸福感を感じるのが愛の特長でしょう。
何を持って、幸福とするかは、人々同士やグループ同士で色々とあるでしょうけど。
一口に幸福感を言ってしまえば、「ホッとする。安心する」という気持ちでしょうか。
そして、心の奥底から湧き上がる喜びや感動でしょうか。

だから、ミクロの愛もマクロの愛も共通して言えることは、

    1:引き寄せあう。
    2:幸福を感じる。
    3:心の奥底から喜びや感動が湧き上がる。

この3点が共通して言えるかと思います。20101103123646

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム