« 七百八十四: 政党について_No.2 | メイン | 月 »

2011年2月 9日 (水)

七百八十五: 恋愛について

こんばんわ。

以前の『悲喜憐偉(ひきりんい)』のどこかで語ったかと思うのですが、似たようなことを書きます。

人の心は『一念三千(いちねんさんぜん)』と言って、一瞬に様々な方向に向くのですね。
これは誰でもそうでしょう。
ですから、色々な人がいて、恋人を持たれている方や配偶者を持たれている方でも、街を歩いた時に、異性を見て一瞬の恋をしたことは誰でもある経験でしょう。
その他、生まれてから死ぬまでの間に一人の人の心の中で、様々な恋の思いを持ったことでしょう。

ですから、他人の恋愛について語りたい人は、まず自分のその現在の胸の中の恋愛感情を多くの人に語った後に、その他人の恋愛について語った方が良いかと思います。

こうなってくると、誰でも他人のプライベートなことを語ることは難しいことだとわかるかと思います。
また、他人のプライベートなことを語りたい人自身のプライベートなことを逆に多くの人に語られたら、きっと怖い気がするでしょう。

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム